人気ブログランキング |

伝統工芸士(7)・・・

c0181958_1174986.jpg

c0181958_118988.jpg

c0181958_1183424.jpg

c0181958_118389.jpg

c0181958_119195.jpg

↓のバナーをポチっとクリックするとランキングの投票になります。
  ポチっとクリック頂ければ幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

昨日に続き、江戸切子の華硝さんです。
本日は、ご主人の仕事風景。
1枚めの写真で見ると分かりやすいかと思いますが、模様を入れるため
削っている作業です。
ご主人のこの作業は、正確で早く、真剣な眼差しは撮影させて頂くこちらが
引き込まれそうになるほど・・・天才です!
2枚めは、真剣な眼差しを撮ろうとカメラを持つ手を目の前に伸ばして
ノーファインダー撮影。
テレビや雑誌の取材でもこの角度からの写真はないとのことで良かったと^^v
もちろん、撮影に当たっては、仕事の邪魔にならないかどうか、確認しながらの
撮影です。
3枚めは、少し引いて全体の様子。
お弟子さんも5~6名、まだ20歳代の方もいらして、伝統工芸としては
若い方が多く、素晴らしいことだと思いました。
なぜ、若い人が入ってくるのか・・・良いお話を沢山聞かせて頂きました。
4,5枚めは、ショールームでの撮影。
4枚めの青いワイングラスが、昨日の2枚めのグラスです。

★「六代目柳家小さんスタッフ公式ブログ」へ
★神楽坂フォトプロジェクト
★アンドオロイドマーケットにて写真集「和太鼓」発売中
★PIXTA:写真販売サイトへ
by toizawa | 2012-07-11 01:20 | 仕事関連 | Comments(10)
Commented by まばち at 2012-07-11 05:30 x
お弟子さんがたくさんいるって事は,これからも引き継がれていく力強さを感じますね。
Commented by 鼓太郎 at 2012-07-11 09:25 x
細かくて大変な作業(工程)なんですね!
だから素晴らしい作品が出来上がるのです。
こんなグラスでビールやワインを飲んだら
最高に美味しいでしょうね!

感動・感激ありがとうございます。
勿論、ポチ致します。
Commented by セレンディピティ at 2012-07-11 09:46 x
作品を覗き込む真剣な眼差し! そして大きな手が印象的です。
3枚目のワイングラスにはため息です。
4枚目のグラス… 私も欲しくなっちゃいました。><

若いお弟子さんがたくさんおられるとのこと、これからが楽しみですね。
イザワさんもお仕事とはいえ、すてきな時間をすごされましたね。
Commented by at 2012-07-11 09:46 x
おはようございます♪
昨日の2枚目のワイングラスが、これだったんですか!
また違ったように見えて2度感動させて頂きました (^^)
私は使うのがもったいなくて、きっと眺めてばかりいるかも♪
P☆
Commented by tombo0236 at 2012-07-11 19:41
華硝さんのHPも拝見しましたが、
綺麗というかなんと表現したらいいのか
素晴らしいとしか言いようがないですね!?
若いお弟子さんもみえるようなので、
このまま伝統を受け継いでいって欲しいものです。

ポチ!
Commented by FREUDE at 2012-07-11 21:13 x
切り子職人も天才のようですが
撮影なさったカメラマンも負けじ劣らじです

1枚目と3枚目、目が写っていないのに
鋭い視線が見事に撮影されていますね
Commented by コテツ at 2012-07-11 22:43 x
物凄く神経を使う仕事でしょうね。
3枚目に写ってる作品もキレイで、いかにも工芸品って感じがします。
(インテリアとして飾っておくのも良さそうですわ)
Commented by june_an at 2012-07-11 23:28
なんとも繊細な模様。
それを削る作業はさらに緻密で正確さを要求されるでしょうね。
真剣な眼差しはまさに職人。こうして撮影されていても
揺るぎない集中力はさすがですね。
若いお弟子さんがいらっしゃるというのは、嬉しいことですね。
しっかりと技を受け継いでいってくれることでしょう^^P☆
Commented by toizawa at 2012-07-12 01:41
★コメントをありがとうございました。
 なんで、若いお弟子さんが集まるか!
 大きな理由の一つに、弟子というと、徒弟制度のような封建的な
 響きがありますが、華硝さんでは、そのようなイメージではなく、
 全てにおいて民間の一般会社員のような感じだそうです。
 他にも色々と理由があるとは思いますが、印象に残ったお話でした。

 あ、FREUDEさん、いくらなんでもそれは、私のこと褒めすぎです(笑
 でもありがとうございます!
Commented by mighty34 at 2012-07-12 08:14
光に透けた江戸切り子の美しさ、本当に素敵ですね。
<< 驚異の匠の技・・・ 江戸切子の華硝さん・・・ >>