成田太鼓祭/千年夜舞台(動画もあるよ)

c0181958_0130100.jpg

c0181958_0131573.jpg

          成田太鼓祭/千年夜舞台
          

↓のバナーをポチっとクリックするとランキングの投票になります。
  ポチっとクリック頂ければ幸いです^^
にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村

成田太鼓祭で活躍するドンドコさんの撮影はここ数年していましたが、17時から始まる
千年夜舞台は初めてでした。
松明の灯りのもと(普通の照明の方がおおいですが・・・)、夜の和太鼓演奏も良いものです。

動画はサスケという20歳以下で構成される若い和太鼓チームです。
彼らは、和太鼓のプロ集団だそうです。

写真1枚目は、私の撮影していた位置からの本堂で演奏している様子です。
2枚目は、もう一つの和太鼓集団設楽の演奏の様子・・・私の場所からは
彼しか見えなかったので、一人だけ・・・(笑)
結構遠い場所からですが、200mm(35mm換算約300mm手持ち撮影です)
観客が多く、三脚は大迷惑になるので・・・

★東北地方太平洋沖地震被災者支援チャリティーフォトギャラリーへ★
★PIXTA:写真販売サイトへ
東芝キーパーソンインタビュー
[PR]
by toizawa | 2011-04-21 00:14 | 和太鼓 | Comments(10)
Commented by at 2011-04-21 05:20 x
おはようございます~♪
夜のこういった光景は、昼間よりも厳粛な気持ちになりますね。
動画はまだ後でゆっくりと拝見しますが
20歳以下でプロ集団だなんて凄いですねぇ~!
拝見するのが楽しみです (^^)v
それにしても、これだけち寄って撮られてるので
もっと大きな望遠で撮ってらっしゃるかと思いました♪
ポチっと♪
Commented by まばち at 2011-04-21 05:26 x
動画も拝見しましたが,いつ見ても迫力ありますね。
Commented by がばちょ at 2011-04-21 05:59 x
夜の舞台も良いですね。集中力が一層増幅できますね。
素晴らしいお写真は大迫力です。大ポチ!
Commented by セレンディピティ at 2011-04-21 12:42 x
サスケ、若々しいフレッシュな演奏がすばらしいですね。
よく見ると、皆さん腕の筋肉が発達しているような…
太鼓の演奏、かなりの運動になるのでしょうね。
夜の太鼓演奏はは、どこか薪能に通じるような
神秘的な世界を感じます。
Commented by june at 2011-04-21 20:00 x
夕暮れの一枚目の建物の様子は綺麗ですね。
この場での和太鼓はやはり画的にも素晴らしいです。
動画もすごく迫力があって、カッコいいですね〜
夜の演奏はいいものですね。P☆
Commented by gg-photo at 2011-04-21 22:02
こんばんは
やっぱり夕暮れの写真出てきましたか
迫力が増しますね
Commented by Rei_onni_2_236 at 2011-04-21 22:17
夜もやっているのですね!
松明の灯り夜の舞台、見てみたいです。
昼間の太鼓の響きとは、また違った味わいがあるのでしょうね!
Commented by コテツ at 2011-04-21 23:04 x
こういう催し物はもう仕方ないんですけど、やっぱり左右の大きなスピーカーがねぇ・・・(^^;
(よさこい撮影でも何度も「これなかったらなぁ。。。」と思ってます)
2枚目の背景に写ってるのは外人さんでしょうか?
和の演奏、建物、それを撮ってる西洋人。ちょっと面白い組み合わせですね(^-^)
Commented by toizawa at 2011-04-22 02:12
★コメントありがとうございました。
 成田の太鼓祭りはもう4回目ですが、始めて千年夜舞台をみました。
 始まりの頃は、あまり暗くないのですが、終わりの頃になてtくると
 荘厳な演奏になってきます。
 昼間とは違った迫力で楽しませてくれました。
 コテツさん、細かいところまで良く見て頂きありがとうございます。
 大きなスピーカーは横位置からは正直、邪魔でした(笑
 外人のカメラマンがたぶんプレスで入っていたのだと思います。
 確かに写り込んでも気にならない感じはありました^^
Commented by 鼓太郎 at 2011-04-23 10:01 x
成田太鼓祭=千年夜舞台
これは成田太鼓祭の華ですね!
素晴らしい演奏者とロケーション
堪りません。

演奏者と外人さんの撮影が絵になりますね!
叫びと祈り!

感動・感激ありがとうございます。
勿論、ポチ致します。
<< 成田山新勝寺パワースポット 成田山・静と動 >>